« 餃子型のポーチとメッセンジャーバッグ | トップページ | 無題 »

2014年1月 3日 (金)

第拾壱弾 ~日光編~

 3時起き。

 きょうは休みである。
 ということで、ぱっつぁんと日光に初詣に行く。

 7時のバスでJRまで。
 日光線に乗り込み、いざ日光へ。
1529493_243807855795269_1087307551_


 日光駅着は8時30分。
1559167_243818962460825_1207521625_


 もの凄く寒い!!!

 東照宮まで歩く。
 バスに乗っても良かったのだが、観光客でイパーイなので却下。ま、駅から歩いても20分くらいだから、身体を温めるのにちょうど良い。
1526054_243824109126977_1368496136_


 ひしやはこんな朝早くからも、来客がある。
 いまは荷物になるので、帰りにでも買って帰ろう。
1556724_243824465793608_1446453537_


 20分歩いて、神橋に到着。
1557072_243825139126874_255928994_o


 階段を上って、日光山輪王寺に到着。
1596035_243827105793344_1517390210_


 まだ工事中のようで…

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 ここでぱっつぁんと合流。
 今回は日光山輪王寺も東照宮もスルーで、日光二荒山神社狙いでお参りである。歩きながら、ぱっつぁんの豆知識。日光二荒山神社は伊勢神宮に次いで 日本で2番目に広い境内地を有しているとのこと。
1482105_243836729125715_108141844_o


 へぇ、知らんかった(;´Д`)。

 本社拝殿で参拝。
 そして今回は200円払って化灯篭のある神苑に行ってみる。中には多数の摂社・末社・遥拝所があるのだ。全部お参りしたら五円玉が足りなくなってしまった。(お賽銭は壱百壱拾五円。分かってるよね?)

 う、迂闊だったな…

 本殿に一番近い場所…なんてところもあり、ここで今後のコトをを念入りにお願いしたりしなかったり。

 二荒霊泉の脇に、お休み処『あずまや』がある。
 霊泉を使った抹茶があるというのでいただく。
1529525_243842799125108_1532721416_


 抹茶・四百円也。

 運試しの投げ輪は、三回投げてひとつでも入ると運気が上がるという。
 ミヤモトは最後の一投で入れることが出来、開運ゲットだぜ!!!

 つうか、来る度に発見があるなぁ、日光!!!

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 ミヤモトのリクエストで、今市にある森友瀧尾神社に寄ってもらう。
1556780_243856862457035_560064937_o


 参拝してご朱印をいただく。
1551861_243858935790161_577142739_o


 待っている間甘酒が振る舞われて、寒かったので有り難かった。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 昼餉は日光珈琲 朱雀。
1529669_243870009122387_285650053_o


 なんか、内装は縁っぽい。
1552219_243870385789016_1906806420_


 メニューは少なめ。
 そして前金制。キャッシュオンデリバリー。と云うことで、キーマカレーを注文。
1559240_243872472455474_663293136_o


 ンマイ!!!

 こんなんだったっけ?
 本当は日光珈琲の本店に来たかったのに、なんかちがう。で、早速グーグル先生にきいてみたら、ここから600㍍離れた店舗が饗茶庵本店だということが判明。

 ということで、行ってみた(爆)
1537925_243885515787503_314533917_o


 カフェのはしごである。
 饗茶庵本店は混んでいた。メニューも充実している。で、いつものブレンドとガトーショコラを喰らう。
1083950_243891052453616_964664968_o


○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 帰宅は17時。
 ぱっつぁんと会うのはまた来年である。って、いつから正月の恒例行事になったんだっけ???

 もろもろの片付けをして20時に就寝。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 そう云えば…
 先日横濱で云われてきた方位取りのはなし。方向は間違ってないとのこと。ただ、云われてきた月に行かなくても良いらしい。例えば金沢だったら、1,4,6,10月、銚子だったら、2,6,8,10,11月に行くと良い…と。早く行けば、早く効果(?)があるということなので、やはり今月の金沢行きは決行しよう。

« 餃子型のポーチとメッセンジャーバッグ | トップページ | 無題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第拾壱弾 ~日光編~:

« 餃子型のポーチとメッセンジャーバッグ | トップページ | 無題 »